ホーム / ニュース

自動製剤カプセルブリスター包装と荷造機のブリスター包装プロセスは,成形ダイ,ブリスター切断金型及びヒートシールツールを必要とする。工程は以下の通りである。厚さ0.127 ~ 0.38毫米のプラスチックフィルムシートをエポキシ樹脂製の金型または内部冷却されたアルミニウム製の鋳型内で加熱して真空にし,ブリスターキャビティを形成し,ダイカット後,ヒートシールアプライアンスに入れ,ブリスターのキャビティに入れるヒートシール式塗料を敷設した段ボールをヒートシール式の塗料に面置きし,位置決めピンを使用して段ボールと水疱を正確に接着するように位置決めし,ヒートシーリングツールをヒートシーリングエリアに移し,圧力下(120℃~ 204℃)で1.5 ~ 3 sの温度で加熱するそして,段ボールは一緒に接着されます。

胶囊吸塑包装机


加熱シーリング法は直接法と間接法に分けられる。


直接加熱シール法は,ブリスターのエッジを直接加熱する方法である。ツールは反ツール材料テフロンでできています。そして,それはフィルムが加熱ツールに付着するのを防ぐことができます。


間接ヒートシーリング法はふわふわの上部熱カビを使用し,ブリスターと一致するボール紙の裏面にエッジ領域を加熱し,プレスするだけである。


マニュアルおよび半自動シールマシンは,マルチステーションロータリー密封機,往復シーリングマシンおよびインデックスシールマシンを含む。


由塑料薄膜包装机制成制药机械制造商是近年来在中国推广的一种相对较新的包装形式。一面是塑料气泡,另一面是铝盒,又称气泡单包装或型盖包装。它也被称为穿透包装,因为它在取出包装时对塑料泡壳施加力,使包装穿透铝箔。俗称水泡。


製薬包装の観点から,アルミニウム・プラスチック・パッケージングは錠剤,針,カプセルおよびカプセルのような包装薬に適している。各パッケージングユニットは,病院薬局における医薬品の分配の反復的な労働を減らすことができる治療用量に従って包装体積を設計することができる。便利な使いやすさ,持ち運び,収納の特徴があります。それは,医療スタッフとユーザーの間で非常に人気があります。


今日の製薬包装生産ラインでは,自動化された医薬品包装生産ラインの利点は徐々に顕著になる。


近年では,様々な機械産業の生産規模が拡大し続けており,生産性の大幅な増加の要求は,様々な自動化された高度に知的な専門生産ラインの急速な発展を生み出した。


包装分野での自動化とインテリジェンスの動向に適合する産業として,自動包装ラインの出現は,自動生産のニーズを満たし,包装現場の安全性と精度を向上させ,包装労働力をさらに解放した包装機械を大幅に改善した。

医药胶囊吸塑包装装盒机


唯一の人は,生産ライン全体のオペレーションを管理することができます,それは特殊な生産ラインの出現の最大の重要性と言える。生産の発展は生産品質の向上だけでなく多様な市場のニーズを満たす能力の向上をもたらす。


如今,客户的需求在不断上升。他们不仅对产品的质量和性能提出了更严格的要求,而且在包装的用量和包装外观的美学方面也有了更个性化的要求。因此,介绍了医用包装机械。随着行业的快速发展,各类全自动吸塑包装机层出不穷。


目前,制药行业的包装行业正在向全自动化方向发展。大规模采用自动包装机械,自动装盒机而自动包装线可以满足低成本的要求。相关专家指出,为了满足快速增长的包装需求,相关企业必须加大专业包装线的技术研究和产品创新,更好地把握国内市场的发展机遇。


科学技術の継続的な発展と進展に伴い,生産分野は包装技術と包装装置の新しい要求を導入し,包装機械の競争はますます激しくなっている。自動化された包装生産ラインの利点は徐々に顕著になり,それによって包装機械産業の全体的な発展を促進する。